• facebook
    • twitter
    • google plusone
  • 文字サイズ

つながりのある団体

 私達の教会とつながりのある団体、協力している団体、コンセプトに共鳴し支援している団体を紹介します。

  • OMFインターナショナル
    1865 年、イギリス人ハドソン・テーラーによって創設された宣教団体です。創設当初は、中国奥地伝道団(英語名China Inland Mission)といって中国への伝道団体でした。映画「炎のランナー」のエリック・リデルは、その団体の宣教師として中国に行きました。
    その後、働きは世界中に広がり、多くの宣教師が日本にも来ました。また今は、日本からも東アジアに向けて宣教師を派遣 しています。

  • 聖書宣教会
    1958年に、舟喜順一、羽鳥明、ドナルド・ホークの各師によって設立された、聖書信仰に堅く立つ超教派の神学校です。牧師、伝道者、教会音楽奉仕者を育成しています。

  • KGK (キリスト者学生会)
    大学、短大、専門学校、高専などのクリスチャン学生が、主体的に、互いに祈り合いつつ交流を深め、また学内で聖書の学びなどを通して、学生に伝道をする団体です。

  • 日本国際飢餓対策機構 (JIFH)
    飢餓・貧困と闘いながら懸命に生きようとする人々に協力し、飢餓のない世界の実現のために「ハンガーゼロ」運動を推進して、世界にある物心両面の飢餓撲滅に取り組んでいるキリスト教の精神に則った非営利の NGO(民間援助団体)です。

  • 小さな命を守る会
    聖書が示すいのちの尊厳に立ち、胎児のいのちと人権を守るために人工妊娠中絶に反対し、また中絶を思いとどまった女性の援助、また養子縁組の斡旋、さらに中絶経験に苦しむ方々の心のケアーという働きをしている団体です。

  • 聖書同盟
    19世紀後半、英国で子ども達への伝道の働きをしていたクリスチャン達から、子ども達に聖書を毎日読むことを励ます働きとして広がりました。その活動は、間もなく日本にも紹介され、津田塾大創立者、津田梅子の父、津田仙氏も関わり、広がりました。戦争の前後は活動を中断しましたが、戦後改めて活動を始めました。「聖書通読」「若者への伝道」「クリスチャンホーム建設の援助」を働きの柱とし、多くの良書を出版しています。

  • DEUT
    ゴスペルと真剣に取り組みつつ、ゴスペルの素晴らしさを広く伝えようとしている会社です。
    ゴスペルの音楽的技術面と歌詞の意味の理解を大切に、定期的なゴスペル クワイアの活動やゴスペルを紹介するイベント企画を行っています。またダンスのクラスもあります。ぜひ一度のぞいてみてください。 

ページトップへ