• facebook
    • twitter
    • google plusone
  • 文字サイズ

Staffs

スタッフ

  • 波多 康 (牧師)
    波多写真1959年 大阪生まれ。大阪の大学卒業後、聖書宣教会という東京にある神学校で3年間学んだ後、KGK(キ リスト者学生会)という大学生に福音を伝える団体で11年間働きました。北海道地区担当だったので札幌へ移住。その後、より幅広く若い人に福音を伝える事を考 え、KGKを辞し、2000年4月から「ゴスペル企画ミニストリー」という働きを札幌で立ち上げました。その働きはゴスペルのコンサートやワークショップ等を企画プロデュースする事を通して福音を伝えるというものでした。その活動の中では、2006年と2009年 Donnie McClurkin ゴスペルワークショップ&コンサート、2009年 Leeland Liveの企画、また2005年愛知万博メインイベントの一つ 「グローバル・ハーモニー・コンサート」のゴスペル部門のプロデュースや2008年東急電鉄主催 渋谷オーチャードホールで開催された「東急ワールド ミュージックスペシャルin Bunkamura」のプロデュースに関わる機会もありました。 2007年 札幌から関東に拠点を移し、1年間だけ横須賀にある教会の牧師をしつつゴスペルの働きを継続、そして2010年からは東京でゴスペルチャーチ東京をスター トしました。
    その他にNHK文化センター光が丘教室で 聖書の講座を担当したり、ミッションスクールで聖書の講演をしたり、その他 2012年, 2014年にホテルオークラで行われたユーミンのクリスマスディナーショーで、また2014年ユーミンと帝劇がコラボした「あなたがいたから私がいた」の記者発表会で聖書の話をしたり、同劇の松任谷正隆氏の脚本の中の聖書に絡む場面作りにほんの少し協力したり、角松敏生氏のアルバム"THE MOMENT"の中のゴスペル曲として収められた"Get Back to the Love" の制作において聖書に絡む部分にほんの少し協力したりといった活動などもしています。

  • マックス・オーニンガー (宣教師)
    2010年の教会発足時から協力宣教師として関わっていたマックス・オーニンガー師は、OMFの若者伝道ミニストリー"Youth Focus"の働きをしつつゴスペルチャーチ東京に協力していました。その"Youth Focus"が、2016年より、少し活動内容も変わり、名称も "LINK"と改名して、新たな若者伝道の働きとして再出発することになりました。それに合わせてマックス師は新しい教会に遣わされることになりました。
    2010年からマックス師に協力いただき心から感謝します。m(_ _)m

 

ページトップへ