• facebook
    • twitter
    • google plusone
  • 文字サイズ

History

教会の生い立ち

2009年10月頃から、ゴスペルという音楽を通して伝道の働きをしていた波多康夫妻と3~4人のクリスチャンと共に、ブラックゴスペルも賛美に取り入れた福音的な教会を新たに始める可能性を探り、祈り始めました。
そして2010年4月、その数人のメンバーによって立川にて礼拝をスタートしました。

♦ その後同年7月から、OMFインターナショナル(国際福音宣教会)という宣教団体に所属するオーニンガー・マックス&玲子夫妻が協力してくださることになり、彼らの活動拠点であった六本木にある麻布霞町教会を夕方にお借りして礼拝をすることになりました。

 その後、教会名を「ゴスペル・チャーチ・東京」とし、活動することになりました。

♦ 2016年の1年間、旧東京めぐみ教会(牧師:安海和宣)との合流の可能性について協議を重ね、合流して新しい教会を立ち上げることを確認。
2017年4月から正式に合流することになりました。
新しい教会名は、Beside Church Tokyo(ビサイドチャーチ東京)。
「主と共に、人々と共に」という意味を込めて命名しました。

 

ページトップへ